二回目の占領戦とその後

どうも、Imoutupです。

何だかんだで黒い砂漠やっててブログ更新する暇がありませんでした。

 

 

さて、黒い砂漠ですが

この前の土曜日に2回目の占領戦が行われました。
1回目は控えめに言って最悪なバランスで3つの戦場で時間内に

どこも決着がつかなかった

という体たらく。
占領戦終了後のTwitterのタイムラインなんてそれはもう非難轟々雨あられなひどいものだった。
「これは流石にまずい!」とさすがの運営も思ったのだろう。第二回の開催延期と仕様変更を決定。
そして一週間延長、砦の防御力低下など諸々の仕様変更がされた上で開催された第二回。

 

 

前回は大砲出してもすぐ壊されてしまい、専任メンバーを決めて事前に練習したにも関わらずほとんど撃てずに終わってしまった。
なので今回、大砲は消耗品と割りきって「壊されてもまた展開すればOK!」という物量作戦に出ることに。
前回の20倍ぐらいの大砲を用意したんじゃないだろうか。

 

また、前回は自然の地形の中で防衛力のありそうな場所を選定して砦を立てていたが
砦は平地に建てて周りを防御塔で囲んだほうが強いという結論に達し

砦

周りがずいぶん物々しい感じになった。
柵も大量に配置し直接殴りにいきにくい設計となった。
味方がリスポンして柵にハマって動けなくなるというハプニングはあったが・・・

 

 

あと前回参加したのはカルフェオンだったが、今回は「雰囲気が良い」「ごった返してて面白そう」などの理由でバレノスへの参戦を決定。
しかし、我々がバレノスに移ったことによりカルフェオンは4ギルドしか砦を建ててないという状況になってしまった。
他の領地をどこが取ろうがどうでもいいが、この事がまさかあんな形で響いてくるとは・・・

 

 

何はともあれ、短い準備期間ではあったが出来る限りの準備はした。
メンバー減少に伴いPhalanXを畳みPartiZanに圧縮し、通常の1ギルドとなった我々にどこまで出来るか・・・

 

 

そして、6月27日午後8時

第二回の占領戦が開始された。

 

 

ちなみに我らが指導者yukkyは仕事で不在のため
全軍の指揮を俺が取ることになった。

 

 

 

まずは相手の砦位置を特定しなければならない。
公開されている情報によるとバレノス全体で16の砦が建ってる。
とりあえず同盟を結んだ殲滅の位置は把握してるので敵砦を14個見つける必要がある。

 

俺が素で忘れていたのもありギリギリになってしまったが、何人かを担当エリアに割り振り
開始と同時に占領戦エリアの全域を索敵。
急な割り振りではあったが、前回も策敵してくれたメンバーだったのとカルフェオンよりは範囲が狭いのもあり
数分で大半の砦の位置が判明。索敵メンバーはホントによくやってくれたと思う。

 

 

そして、足元を固めるためにも近場の砦から潰していくことに

我々の砦から一番近い砦は「CLALIS」というギルドが立てた砦だ。

 

その距離何と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

80m!

 

 

 

 

CLALIS

 

 

 

 

ちけえwwwwwwwww

 

っていうか普通にウチから見える所にあった。
(開戦まで他ギルドの砦は見えないのだ)

 

 

 

バリケードや少数の攻城塔が設置されていたが
その設置規模、防衛人数からすると攻め落とすのはそう難しくなさそうだ。

 

ということで全軍で攻撃開始!

 

恨みは無いが、戦争ゆえ悪く思わないでくれ。

 

 

 

CLALIS2

 

 

バリケード突破時などこちらも多少の被害が出たが、人数が違う。
すぐ砦を丸裸にし、周囲で湧く敵もリスキル状態。

 

そして、後方で大砲を設置し、一気に削る。

 

 

そして何事も無く砦を破壊。
その後、すぐ近くにあった「CorvusTail」の砦も同じような感じに破壊。
これで際立って近くに建っていた砦はこわせた。

 

 

しかし、まだまだ先は長い。

 

MAP

全体的に東側の森の中に砦を建てているギルドが多い。

 

「CorvusTail」攻略時に南を警戒させていた小隊を呼び戻し、全軍合流して「SIRENA」「AshyLRC」「GCPN」の3砦をまとめて落とすことに決定
最初は俺のPTが自砦の警戒にあたっていたが、大した距離も無いので攻められたらすぐ戻れるし、一人見てれば大丈夫じゃね?ということで俺が居残ることになった。

 

 

ここらへんは味方の報告を聞いてるだけだったのでSSが無い。
「AshyLRC」の抵抗は激しかったらしく、かなり手間取ったがなんとか落とせたみたいだ。
途中こっちの砦にちょっかいを出して戦局をゆさぶろうという動きが見られたが
散発的なものだったので全軍を呼び戻すこと無く、攻撃に集中してもらったのが功を奏した。

 

その後、大した抵抗もなく「SIRENA」「GCPN」の砦も破壊。

 

これで16砦のうち5個をPartiZanが破壊。
他のギルドの潰し合いで他にも2個が潰れ、残りは9個。

 

 

その後、本隊には更に南進してもらい、順に潰してもらおうと思ったが

ここで問題が発生する。

 

 

砦の北で「AshyLRC」の残党と小競り合いをしてる間に

 

 

 

 

 

 

Fury

 

南が何か丸裸にされてた!

 

 

 

あっという間だった。

 

そしてこの早業をしかけたのが「Fury」

カルフェオンの決着が早く着いたらしく、暇を持て余しこちらに遊びに来たというわけだ。

 

 

そして理由はよく分からないがうちのギルドはFuryからやたら敵視されているらしい。

まあこうやって攻めてきている以上、理由はどうでもいい。とにかく対応しなければ

 

 

 

 

 

と、部隊を呼び戻し応戦するも、どんどん施設が破壊される。
占領戦の仕様では占領戦に参加したギルドは他地域の砦に攻撃することは出来ないが

周りのバリケードやら攻城塔は破壊できるらしい。

 

 

 

 

なんだそりゃwwwwww

 

これはまずい。

Furyに落とされることは仕様上ありえないが
この状態で他の参加ギルドに攻められたらすぐ落ちてしまう。

 

このままFury相手にうちの砦で戦っていても得るものはない。
ならば、うちが壊される前に他のギルドを潰すしか無いか?

 

と逡巡していたが、同じことを副官から提案され決断することとなった。

 

 

うーむ、時間が無い。
現存ギルドで潰すとなると「ですよろ」か。
現に「ですよろ」にうちの砦が攻撃をしかけられている。
ここの砦を潰して攻撃を止めさせないことにはどうしようもない局面に入ってしまった。

 

初期索敵で敵砦の位置はわかっている。
ベリア村で全軍集結し、「ですよろ」砦へ急行する。
ここでの戦力分散は下策。10~20人防衛に回した所でこちらの砦が削られる速度はほぼ変わらないだろう。

 

ここは全軍突撃だ。

 

そして進軍中、ギルメンから報告が

 

どうやらFuryメンバーが全体チャットで
「パルチ砦確保したからバレノス参加しているギルド殴りに来い」
と連呼しているらしい。

 

どれだけ俺達嫌いなんだよwww

 

 

自分にメリットがあるわけでもなく、ただうちを勝たせない為の行動。
面倒な人達に目をつけられてしまったわけだ。しかし、嘆くのは後で出来る。

 

うちがやることに変わりはない。

 

 

 

 

desuyoro

ですよろ砦に到着し、何人かに常に携行させていた大砲をすべて展開し、斉射する。

この時点でこちらの砦耐久力は半分を割っていたが、猛追する。

 

 

 

そして相手の砦耐久力が15%を切ったので全軍白兵攻撃に移る。

(15%を切ったら大砲が効かなくなる)

desuyoro2

しかし奮戦むなしく・・・

 

 

 

haiboku

 

 

こうしてPartiZanは占領戦で敗北を喫したのだ。

その後、有志により同盟の殲滅のお手伝いに行ったりして対人戦を楽しみ、適当に遊びまわったあと

解散となった・・・

 

 

 

 

 

 

ギルドもね!

 

はい、ということで第二回占領戦の終了とともに

「PartiZan」は黒い砂漠での活動を停止しました。

 

 

1回目の占領戦以降のメンバーのモチベーション低下(俺含む)、そしてそれが今後上がることは無いだろうってのが原因です。

とりあえず2回目開催まではやろうという結論になったので、最後に勝って終われたらよかったけど結果は残念なことになってしまった。

 

 

個人的な理由を書くとするなら

まず最初の占領戦、あれでやる気ががくっと落ちた。

次の占領戦は中々面白かったので最初からこんな感じだったらここまで急に辞めるってことにはならなかった可能性もある。

「2回目が面白かったなら以降は同じくらい面白くなるわけだからまだ続ければ?」と考える人がいるかもしれないが

 

一度下がってしまったモチベーションというのは物事を始めた時の水準に戻すのは難しい。

他人から見ればまだまだやれるスポーツ選手が引退するのと同じだ。

モチベーションというのは理屈で上げられないものである。

 

 

あと、一回戦目の占領戦以降、それまでさぼっていた仕事のツケが回ってきて

1週間くらいINしにくかった期間があり「何かもう黒い砂漠いいや」と冷静に考えてしまったのがいけなかった。

ゲームに没頭してればそこらへん深く考えることも無かったかもしれない。

仕様に関して不満点はたくさんあるけどまだゲームをやっている人もいると思うのでここでは書きません。

 

 

 

MMORPGでここまで大きくギルドとして参加したのはTERA以来になるのかな。

今回名目上ギルドマスターだったわけだが、自分のギルドでは無くよく分からない立ち位置だったし

次大規模にMMOやることがあれば昔みたいに自分でギルド作るのも面白いかもしれないね。

 

 

黒い砂漠で一緒に遊んでくれた皆さん、ありがとう!

また次のゲームでお会いしましょう。

end

二回目の占領戦とその後” に4件のコメントがあります

  1. お疲れ様でした、思い返してみればあっという間の2ヶ月間でしたね
    当初はゆっきぃさんの指揮をwktkしていたのですが気づけば完全に妹さんの部隊になっていましたねwwww
    求心力としてのゆっきぃさん、実指揮としての妹さんというイメージでした。
    これからもご活躍を影ながら応援していきます、機会があれば是非また遊びたいものです。
    ではでは!お疲れ様でした!

    • まあ彼が忙しかったので仕方ないっちゃ仕方ない。
      また別のゲームで遊ぶ機会があれば遊びましょう!
      おつかれ!

  2. 当日は仕事で戦争に参加できなくて申し訳ありませんでした><
    今回の記事で当日の出来事がよく把握できました。
    いままでは人の話を聞くだけで実際はどうだったかは知らなかった。
    やっぱり人伝いに聞くより当の本人から聞くほうが真実だと思うので。
    皆よく頑張ったと思います!
    PartiZanに入隊してよかったです!またいつか組織するときは是非参戦したいと思います。

    • 仕事は仕方ないさ。
      今回の占領戦は準備にしろ当日にしろ皆ホントよく頑張ってくれたよ。
      またいつか一緒に遊びましょう!
      おつかれ!

コメントする