ついにCivilization6が発売!!!発売日は10月21日!!!

皆さん、おはようございます。

最近の私といえば、マイクラ放送やりつつWorld of Shipsで提督になったり、まさかの艦これで提督になったりしていました。

まあそれらのゲームのことはまた別の機会に書くとして

 

今日はImoutup的2016年最大のニュースがあったのだ!

いや、もうタイトルでオチてるけど

 

そう

 

CivilizationⅥ発表

http://store.steampowered.com/app/289070

 

である。

 

『待ちに待った時が来たのだ!

多くの廃人が無駄死でなかったことの証の為に……

再び朝チュンパパパパウワードドンの理想を掲げる為に!

人の屑成就のために!

PCプレイヤーよ!私は帰ってきた!!』

 

とでも言わんばかりの電撃発表であった。

今までの発売サイクルから時期的にそろそろ来ないとおかしいと思い

今年のE3で何か発表があるんじゃないかと期待はしていたが

まさかその1ヶ月前に発表が来るとは思いもしなかった。

 

ニュースを見た時に叫んだのはおそらく俺だけではないだろう。

 

気になる発売日だが10月21日

天下分け目の関ヶ原の日である。

こりゃあしばらくは睡眠時間が減るんだろうな……

 

……ん?10月21日?

 

 

 

 

 

 

 

まてよ

 

 

 

 

 

 

 

 

10月21日って

 

 

 

 

 

 

BF1の発売日じゃん!

 

 

 

そうBattleField5改めBattleField1。

個人的に大歓喜な第一次世界大戦というニッチな題材をぶっこんできたFPS界の巨塔である。

 

 

なんだよこれ、東軍西軍ともに圧倒的戦力じゃねえか……

ジャンルが違うため、プレイヤー層は大きく異なるがImout層にはクリーンヒットだよ!

とてもじゃないが一日で終わる戦じゃないぞ。

長期戦を覚悟しなければ……

 

 

 

 

まあそれはおいといて

Civ6の気になるゲーム内容だが、イメージトレーラーと数点のスクリーンショット以外にはまだ数行の説明文しか発表されてないので

Steam引用と憶測や願望など

 

マップ上でかつてない広がりを見せる帝国の偉容にプレイヤーは目を見張ることでしょう。都市はいくつものタイルにまたがって拡大していくので、周囲の地形を最大限に利用した都市建設が可能です。

ふむ、従来作では都市の文化力をあげることによって都市の文化圏が拡張していき、工業力や経済力が増していったが都市自体は建設地の1タイルだけだった。

それが変わって都市自体が大きくなっていくということなのだろうか。前レビューしたEndlessLegendがそんなシステムだったけど、攻城戦とかどうなるんだろうか。

スクリーンショットを見る限りでは従来との差違がはっきりしないが、こうやって書くぐらいだからシステムが大きく変わるのだろう。

 

“1タイルに1ユニット”の原則を脱し、対戦車部隊と歩兵、戦士と入植者など、支援ユニットを他のユニットと一体化させることができるようになりました。似たユニットを連合させ、強力な“軍団”ユニットにすることも可能です。

やはりきたか。個人的にスタックできなかったciv5のシステムも結構好きだったんだが、あまり評判が良いとはいえずciv6にはスタック制の復活を求める声もあった。

確かにユニットの配置や有利な陣形を考える戦術的面白みというのは出たかもしれないが、1ユニットずつの潰し合いになるので明らかにゲーム全体のスピードと戦争のスピードが合ってないなどの問題はあった。

かといってciv4のシステムだと大スタック同士をぶつけるだけなので今更それに戻るのも少し味気ない。うまいことバランスとっていいものを作って欲しい。

 

これまでのマルチプレイヤー モードに加え、1回のセッションで決着がつくようデザインされた多種多様なシチュエーションで、フレンドと協力プレイや対戦プレイを楽しめます。

これはいいんじゃないだろうか。従来のciv短期マルチはマルチプレイモードを途中で切り上げて一番スコアの高い人が勝ちというユーザーが作ったルールなわけだし

公式にもっと遊びやすいマルチモードがあるならcivマルチはもっと流行るんじゃないだろうか。

まあ長期マルチ好きとしては是非多人数でのゲームの安定性には力を入れてほしい。

今度こそは19人マルチをやりたいものだ。

 

BeyondEarthのコレジャナイ感はすごかったけど

今回はナンバリングタイトルなだけあって従来作のいいところを捉えつつ進化させようとしている感じがしていいと思う。

今後の続報に期待だ。

 

楽しみすぎてやばいね?

 

コメントする