CivilizationV 長期マルチレポおまけ~あとがき~

前回:CivilizationV 長期マルチレポ最終話~その歴史の結末~

まとめ:Civマルチレポ

 

はい、完結しました。

皆の力を集めて悪の親玉を倒すENDになりました。

 

 

書くのが面倒になった時もあったけど書ききれてよかったね。

さて、では反省やら何やらをしていきたいと思います。

歴史でIFは試せないが、振り返ることにより次へと繋げられる。

 

 

 

 

 

 

今回のマルチでエチオピアを振り返るならやはりシャムの存在は大きい。

割りと紳士めなプレイを心がけたのもあり

シャムと同盟国になれて、強い信頼関係が生まれた。

短期マルチだったらすぐ裏切ったかもしれないが、長期マルチでは一度の裏切りが周りの不信感を生み孤立するという場面もある。

 

今回はオーストリアが周りの不信感を全て担ってくれた気がする。

別に彼は酷い裏切りとかをしたわけではないが、裏で謀略をめぐらせたのと

よくわからないエジプト侵攻で不信感が高まってしまった。

 

あとメタ的な話をすると主催者として毎回ブログでそれらの謀略を赤裸々に書いてるから、警戒されることになる。仕方ないっちゃ仕方ない。

 

 

さて、歴史を振り返ると

 

 

シャムと同盟を結んだ上での一度目のアステカとの戦争

思えばこの時に均衡状態を作ろうとせずに一気に情勢を動かせばよかった。

 

具体的にはアステカをシャムと2分割すればよかったな。

アステカの軍はほぼ溶けてたし、エチオピアが全力で攻撃すれば併合することは可能だった。

 

もちろんそうしようとすればオーストリア辺りは黙ってないだろう。

ソンガイと連携してエチオピアを叩こうとする。

可能ならインドネシア、エジプトも巻き込んで包囲網を作るだろう。

 

しかしながら、ソンガイが動いたならインドネシア、エジプトを唆してソンガイに向かわせることも可能だったかもしれない。

 

少なくともインドネシアはウチと敵対しても地形が厳しく都市が取れるわけでもないので

「こちらに付いたほうが美味しいよ!」と説得することは可能だった。

 

エジプトはこの頃、エチオピアを脅そうとしていたが、エチオピアとは他の文明を挟んだ遠い位置にいるわけだし、ウチと争うメリットが無い。

インドネシアがこちらの味方になったら考えて、応じてくれたかもしれない。

 

つまり、この後に起こった第一次世界大戦をこの段階で起こしてしまうのだ。

この段階なら海外文明もまだ外洋進出してなかった。

つまり、ケルトは干渉できず

エチオピア・シャム・インドネシア VS アステカ・オーストリア・ソンガイ

の戦いになったのだ。

エジプトがどっちに付くか微妙なところだが

利益を重視して勝ち馬に乗る性格ならそれでよし

エチオピアの独走を危険視してあちらに付いた所で遠いから戦争の時はそこまで脅威ではないし、どちらでも良い。

 

この時点でアステカ・ソンガイを滅亡させていれば、ポーランドがこちらに領土を持つことも無かったし、また違った展開が見れたかもしれない。

ここがターニングポイントその1だったな。

 

 

 

その2は第一次世界大戦の終わらせ方だ。

アステカ方面はケルトとの交渉が長引いたため、仕方ないが

ソンガイに粘られすぎた。

 

ケルト-エチオピアの交渉が成立してから、ソンガイは滅亡するまでに「対外的な協力が必要」と説いていたのでしようと思えば和平は出来たのだ。

 

 

しかし、そこは各指導者の感情が許さなかった。

「戦争をしかけたのはあちらなのにここで和平はおかしい」

「戦争をしたからにはメリットが欲しい」

「後々の事を考えるとここで都市は確保しておきたい」

「あと少しで落とせる都市が3つもある」

 

ならば一人一つだ!

となったわけだが、今考えるとここで兵力を消耗しすぎた。

 

 

ここでソンガイと和平していれば、各文明どれだけのユニットが温存できていただろうか・・・

ここですぐに全文明で対ポーランド包囲網を築いていれば原爆完成前にポーランドへ早期に攻撃をかけることも可能だったかもしれない。

 

人間誰しも「自分の行動は理性的に判断された正しい行動」だと思いたがると何かの本に書いてあったが、まさしくそのとおりだな。

反省反省・・・

 

 

振り返ってみて「ここの判断をミスしなければ・・・」という点はこの2つだろうか。

細かいところでは色々あるが、挙げ始めたらキリが無い。

 

 

まあ振り返りはこのくらいにして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次はこのレポの結末について

 

 

 

このレポを最後まで読んで

「オーストリアを勝たせたのが納得行かない」

といった意見の人がいるかもしれない。

 

現にマルチ主催者のyukky氏のレポ最終話のコメント欄では

「結束して票を集めた連合の勝ちだ」

「いや、連合とかシステムないし、談合してトップを勝たせないのは白ける」

「いやいや、ポーランドが対策をしなかったからポーランドの敗北だ」

など、様々な意見がぶつかっていた。

 

 

これについてyukky氏があとがきで自分の考えを述べているが

俺の意見は少し違うので書こうと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

yukkyが書いてる通り、Civの長期マルチは「ロールプレイ」的な面もある。

ここを論点にするならば

俺の考えるcivにおける「ロールプレイのあり方」とは

「勝つ過程でロールプレイに興じるもの」であり、

全員が勝ちを目指すのは前提条件であるし、勝利こそが最重要なのだ。

つまり

「全員が『本物の指導者』のように振る舞い、ゲームを進めていき、最終的に一人の勝者を決める」

ということだ。

なので勝者はハッキリとさせたほうが良いと思っている。

 

 

結論から言ってしまえば今回のゲームは

 

 

 

 

 

 

 

 

ポーランドの勝ちだ。

 

 

 

レポでは「俺達が勝った!」みたいな書き方をしたが

それは面白可笑しく書くためであって、ゲーム的に見たらポーランドの勝ちだ。それは揺るがない。

 

 

今回のマルチで言えば

「ケルト本土が消滅し、全文明主力も壊滅」

この段階でどの文明もポーランドの勝利を覆すことは不可能になった。

 

だからこそポーランドもわざわざアフリカへの侵攻を宣言したのだ。

実質の勝利宣告であることは参加していたプレイヤー、読者にも分かることだろう。

 

 

 

そして我々が行う長期マルチでは慣例的に

一人の勝利が確定的になった段階でゲームを終えることもある。

前回の7人対戦マルチもそうだった。

勝利が確定した後は消化試合でやたらと時間がかかるだけで何か面白い外交展開があるわけでもない。

 

なのでポーランドの勝利が確定した段階で終了を提案しようかという考えが頭をよぎった。

しかし、皆負けるのはわかっているが玉砕する覚悟。

ならオマケは「面白い」方が良いなと思って投票の提案をしたわけだ。

 

レポでも最終話はわかりやすく「ここで勝負が決して、ここからはオマケ」というような書き方をしたつもりだ。

 

もちろん

「どの段階まで勝ちを諦めずにやればいいのか?」

というのはプレイヤーによって定義が変わってくる。

 

「周辺国に戦争をコントロールされて足の引っ張り合いで底辺国から抜け出せなくなった時」

かもしれないし

 

「核爆弾で本土を攻撃されまくって小島に追いやられた時」

なこともあるし

 

「特に戦争はしてないけど、内政スキルで絶望的な差が出た時」

ということもある。

 

 

他者から見たら「まだいけるだろ」と思うこともあるかもしれないが

俺はそれぞれが「諦めるその時まで『全力で』勝利に向かっていれば」どこで諦めても問題ないと思っている。

そう考えておかないと30時間以上の長期プレイなんてやれないし

初心者も参加しづらいからね。

 

 

 

長くなって書いてる俺もよくわからなくなったのでまとめよう

 

つまり俺が言いたいのは

「Civはロールプレイ的なゲームではあるが、ゲームである以上勝者はハッキリとさせたほうがいい。でも最後までキッチリやらなくてもよくね?」

ということで

 

今回のゲームでいうなら

「勝者はポーランド。その後の展開は勝敗関係なしのオマケ

というだけの話だ。

 

 

 

 

 

 

すなわち!

そこから生じるものは

 

 

 

 

 

 

 

 

負けて悔しいっ!

次やるときは俺が勝つ!

 

という感想です。

 

 

 

 

最後に一つだけ注意だけど、今回のマルチのように談合して一人を勝たせるっていうのは

 

クランメンバーと過去のレポを読んだブログ読者といういわば「身内の集まり」であるyukky主催の長期マルチで

かつ、勝者が確定した後のオマケだから許されるものであると思います。

 

ショートマルチや他のコミュニティでやる長期マルチでは最後まできっちりやるところが多いと思うので

真似したら普通に反則、ヘタしたら二度とマルチに誘われなくなるかもしれないので気をつけてね。

 

 

考え方は人それぞれ、自分に合った遊び方を出来るコミュニティで遊びましょう。

他の人の遊び方にケチを付けずに「こんな遊び方もあるんだ」考えるようにしたいね。

 

・・・以上で今回のcivマルチレポは終了です。

いやぁ、疲れた疲れた。

あとがき合わせて16話。最後までご覧くださってありがとうございました。

 

civ6では20人くらいでやりたいね!

前回:CivilizationV 長期マルチレポ最終話~その歴史の結末~

まとめ:Civマルチレポ

 

 

CivilizationV 長期マルチレポおまけ~あとがき~” に16件のコメントがあります

  1. 完結おめでとうございます。
    最初から最後まで一気に読み通させていただきました。
    この終わり方は色んな考えがあるとは思いますし、コメント欄やあとが気で色んな人の意見を見れたのは為になりました。(色んな考えが見れると言う意味で・・・・)
    何はともあれ完結お疲れ様です。

  2. シャム役bizark22です。レポート完成おめでとう。お疲れ様。
    僕の当時の様子を再現すると、大体こんな感じかな?
    建前→「みなさん、はじめまして!ボクは子羊です!このゲームもオンラインマルチもあんまりよく分かってないけど、よろしくお願いします!」
    本音→「オレ様がこの世界の支配者になってやる!邪魔するヤツは…ブッ殺す!!エチオピア、てめーもだ!!!」
    表面的には紳士で、最後まで紳士の仮面を外すチャンスがなかったけどね。
    プレイ中は、概ねみんな頭のいい人たちで、ずっとワクワクドキドキしながらプレイできたよ。
    そうそう、ブログじゃないけど、僕もインターネット上で自己表現してるんだ。Amazonでいろんな作品のレビューしてる。ヒマだったら読んでみてよ。トロピコ4のレビューは我ながら良く書けていて、そこそこ多くの人から肯定的に評価されてるみたい。
    http://www.amazon.co.jp/gp/cdp/member-reviews/A2GAYSPQ61E9E9?ie=UTF8&display=public&page=1&sort_by=MostRecentReview
    ところで、僕はもうけっこういい歳で、ヘビーなオタクは引退しつつあるんだ。最後にいい思い出をありがとう。もうCivみたいなのはやれないかもだけど、このブログは応援し続けるからね!

    • 結構色々書いてるんだね。

      引退しつつあるのは残念だけど、今回一緒にプレイ出来て楽しかったです。
      ありがとう!

  3. 初コメです。レポート全部見させてもらいました。まずは完結おめでとうございます。
    私も長期マルチやってますが、最後までやるというのはいろいろと難しくみなし勝利が多いです。
    それを踏まえると外交勝利はやはり盲点ですね(笑) 私は今回のような結果になってもそんなのありかよと笑うくらいですが、身内レベルに抑えるべきというのは同意です。よく知らない人はあまり考えずに高級資源なんかと取引してしまいそうですしね(笑)
    ただ私は勝利は勝利だと考えていますので今回の外交勝利もありだと思います。いろいろな遊び方、結論を見出せるのがCivだと思っています!!!長文失礼

    • コメントありがとうございます。

      まあ今回の結末をどのように見るかは色々な意見があって良いと思います。
      大事なのは異なる価値観に対して寛大でいれるかどうかですね。

      長期マルチやってるんだったら今度は是非一緒にやりましょう!

  4. 初めまして。長期マルチレポ完結、お疲れ様でした。
    私はyukkyさんのブログで「エチオピア・ポーランドの方について、それぞれの視点でのレポを読んでみたい」と投稿した者です。yukkyさんが、このレポを紹介する切っ掛けを作った者として、プレッシャーをお掛けしてしまったことに、お詫びします。
    レポ内容は、素晴らしいものでした。都市の作り方・外交の方法から、将来を見通しての戦略等、学べることが多かったです。
    また、yukkyさんとは違う視点でのレポを読めたことにより、yukkyさんのみの視点だけでは分かりづらかったいくつかの謎が解決したように思います。アステカさんが、どうしてシャムさん・エチオピアさんに、あそこまでの執念を持つに至ったか等、本人以外には分からない事柄を除き、大半は解決したように思います。
     yukkyさんが募集されていた13人の長期マルチは、気がついたのが締め切り後であったため応募できず残念でしたが、いつか一緒にプレイできる日が来ることを願っております。マルチ初心者のため、すぐに滅ぼさるとは思いますが・・。

    • コメントありがとうございます。
      楽しんで読んでいただけたようで何よりです。

      yukkyのブログに紹介される前から更新してたわけだし、あまり気にしなくていいよ。
      アステカ等、対戦相手の心情についてはある程度推測は付くけどそれまで書いてるとレポが凄い長くなってしまうので割愛しました。
      次開催されることがあれば是非一緒にやりましょう。

  5. ゆっきぃ氏のブログは読んでいましたがあそこまで荒れたのは正直驚きでしたw
    imoutupさんの考えもわかりますが
    僕は連合勝利を許したポーランドは結果的には敗北したんだと思いますね
    圧倒的優位者は全ての可能性を摘み取るべきだと思います
    それの難しさがcivマルチの醍醐味のようなものだと思いますし
    ルールが許す勝利をさせてしまったのは、盲点だったのであれば敗北、というかまぁそんな感じです
    あえて目を瞑った、可能性を残した、というのであればロールプレイ的決着を望んだというか
    まぁそんな感じだと思っていますね。
    だからなんだという話を書いてしまってすみません。長いこと見ていたのでつい・・・。

    是非今度やるときは参加者のくじを勝ち得てcivに興じたいものです。
    ともかくお疲れ様でした!

    • ありがとう!
      まあ人によって意見は違うもんだから、他者に押し付けたりせず、自分に合った遊び方が出来るコミュニティで遊べばいいだけの話だしね。

      本来こんなこと書くまでもないことなのだけどあまりにもあちらのブログに反響があったので書いておきました。

  6. 長期の更新、お疲れ様。
    読み応えがあって、楽しかったです。

    最期の結末について、私のような外野はとやかく言えないことかなと思うので何も言いませんが、imoutupさんご自身の考え方を表明されたことに、敬意を表します。

  7. 初&遅コメすみません!
    レポから丸一年以上立っていますが
    レポを読んでいても立ってもいられなくなったのでコメさせて頂きます!
    ロールプレイを楽しむスタンス、すごくいいと思います!
    Skypeで繰り広げられていた外交戦も正に現実のようで、読んでいてハラハラしました!
    いつか私もマルチプレイに混ざってみたいものです。
    以上駄文失礼しました!

    • コメントありがとうございます!

      指導者になりきってのプレイこそcivの醍醐味だと思うので魅力が伝わったようで嬉しいです。
      civ6が出たらぜひいっしょにやりましょう!

  8. 今回ふとしたきっかけで初めてCiv5のマルチプレイレポとしてこのブログを読ませていただきました。
    身内で少人数のマルチはしたことありますが、長期で沢山の人とやるとすごく楽しそうですね!
    yukkyさん(このブログで始めて知りました)のも読みましたが本当に色々な考えがありますねー。この戦いのレポを見る限りはimoutupさんのほうが個人的には好きかな?
    すごくマルチやってみたくなってきましたww

    • 最後まで読んでくれてありがとうございます!
      civマルチは長期でやってなんぼだと思うのでciv6マルチやるときはぜひ一緒にやりましょう!

コメントする