CivilizationV 長期マルチレポその9~勝利へのシナリオ~

前回:CivilizationV 長期マルチレポその8~目には目を~

まとめ:Civマルチレポ

 

 

アフリカでの大戦は両陣営が海外勢力を呼び込み、混乱を極めることとなった。

図にするとこんな感じだ。

9話冒頭2

別大陸も

9話冒頭1

 

ケルトとポーランドがそれぞれの敵の沿岸都市を落とし、橋頭堡を確保した。

 

最強文明ポーランドが動いたことによりオーストリアは全軍を北方から撤退させ、本土防衛に回した。

ポーランドに状況を確認してみると

エチオピア「そちらの戦況はどうですか?」

ポーランド「第一次大戦歩兵を送り続けています」

エチオピア「あ、それはもうオーストリアだめっすわ^p^」

 

主力ユニットの時代が2つも違うと最早プレイヤースキルや戦略でどうにかできるものではない。

ご愁傷様というやつだ。

しかし、滅亡寸前のオーストリアだが

ここで連合全文明がひとつの問題に直面する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーストリアが滅亡したら中の人のレポがここで終わってしまうという問題に !

 

もともとこの長期マルチはオーストリアの中の人であるyukky氏がブログで参加者を募って不定期で開催するもので

多くの参加者は彼のブログで長期マルチのレポを読んで参加希望を出したという人達だ。

自分もこんな戦いをして是非その戦史をレポとして見たいと思い参加したら

後半戦に入る前にレポが終了していた・・・

 

ということになりかねない。

なので連合は

「滅亡しない程度に、しかし、再起不能なぐらいに」

オーストリアを叩くことに決定した。

 

 

 

 

 

 

さて、東部戦線でもインドネシア・エジプトがソンガイに宣戦布告した為に、一気に形勢は逆転。

インドネシア・エジプトと3者チャットを開設し、ソンガイの3都市を綺麗に3分割することで合意を得る。

そして

エチオピア「こちらの戦況は連合チャットでは極力知らせないようにしませんか?この3文明の利益が確定するまでは開けっぴろげにしないほうがいい。」

 

これにもインドネシア・エジプト両文明から合意を得る。

ポーランドがオーストリアを降伏させるのは時間の問題だ。

ヒマになって東部戦線に介入されると色々面倒なことになる。

あちらから「加勢は必要か」と聞かれても

「多少苦しいが、自分達でなんとか守りきれるから手助け不要」と言っておく。

ホントのところは

「多少苦しいが、3個都市をとれるから手助け不要」だが・・・

 

 

 

 

 

これでオーストリア・ソンガイに関しては今後の目処が立ったが一番の問題はケルト戦だ。

ケルトはアステカと合流してシャム首都「スコータイ」でエチオピア・シャム連合と激戦を繰り広げている。

ここの勝敗が一番読めないが、ここがエチオピアが今後の為に重点的にコントロールするべきポイントだ。

 

エチオピア「ケルトにはこちらでの領土的野心を抑えて欲しいんだけど」

ケルト「エチオピア軍を壊滅できる戦力があるし、大陸領は諦めたくない」

 

 

エチオピア「確かに壊滅させられるかもしれない。しかし、うちもスコータイを2~3回奪還できるぐらいの戦力はあるから、そちらの戦力も大部分が溶けることになるよ。そうなったら最終的に得をするのはポーランドだ」

ケルト「うちは今の状態でポーランドに攻撃されたら終わりだから逆らえないだろうね」

 

よし、頑張って戦っていた甲斐があった。

ケルトには勝てなくてもいい。

要はこの戦争でケルトに「負けはしない。でもこのまま戦っていても損するだけだ」と思わせることが肝心なのだ。

これでようやく話を聞いてもらう下地が出来たぞ。

 

エチオピア「今ケルトが引けるなら、将来的にはポーランドが孤立することになるだろうけど?」

 

オーストリアはポーランドに土下座させられることになるだろうし

ソンガイは地図から消える。

アステカは・・・まあオーストリア戦の煽りをうけて死ぬだろう。

 

もうこの戦争は終わりが見えている。

ならばここからはその後の展開を見据えて動かなければならない。

 

そう・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全世界によるポーランド包囲網という展開を!

 

 

 

この戦争でポーランドは海外領土を手に入れてますます独走体制に入る。

どの文明も勝ちを狙うならまずはポーランドを引きずり降ろさなければならない。

エチオピアが勝利するためにもこれは必須条件だ。

そう、これは時代の必然!

 

 

そこで最も重要な立ち位置になるのがケルトだ。

上の地図を見てもらえれば分かるが

ケルトとポーランドは地続きになっており、

大戦終結後にポーランドが仕掛けるとしたら相手はケルトだ。

 

スコアを大きく離しているとはいえ、ケルトは2位の文明。

2位と3位(エチオピア)にも差があるので脅威度の高い順に潰していくのが定石だ。

ケルトさえ潰せば、あとは全文明をまとめて相手してもポーランドは余裕で勝てるだろう。

そのくらい他文明とポーランドには差があるのだ。

 

 

しかし、逆に早い段階でこの戦争を終結させて全文明でポーランドを攻められればどうだろうか。

ケルトには防戦に徹してもらい、ポーランド沿岸を海上封鎖して資源も交易路も潰しまくる。

ポーランドは陸関係の技術を重視しており、海関係ではそこまでの差は無い。

 

滅亡させることは難しくても国力を落とすことは可能だ。

そうすれば、他文明にもようやく勝ちが見えてくる・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んなわきゃない!

それだけだったらポーランドの勝ちは変わらない。

 

ポーランドほどの地力があれば多少叩かれたところで、すぐ国力を回復してしまい他の文明が追いつけるわけはない。

そして、何より海上封鎖で国力を落として、他の文明が追いつくのを待つなんて悠長なことをやっていたら

原子爆弾祭りが始まってしまう!

 

 

そうなったらもうポーランドを攻めるどころではなくなる。

こちらが原子爆弾であたふたしている間にポーランドは更に差を離し、宇宙船を組み立てて科学勝利ってことになる。

 

ならばこちらはその前に勝利条件を満たさなければならない。

ポーランドに科学勝利をされる前に満たせる勝利条件・・・

それは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外交による勝利

これ以外に無い。

 

civを知らない人向けに解説しよう。

そろそろ世界は原子力時代に到達する。

そうすると世界議会で数ターンおきに「世界の指導者」を決める選挙が行われるようになる。

そこで規定の票数を獲得すれば「外交による勝利」となる。

 

 

他の勝利条件ではポーランドの勝利までに間に合わない。

もうこの勝利条件で勝つしかないのだ。

 

 

さて、この勝利条件を満たすのに重要なのは都市国家だ。

都市国家を買収しまくって票を得なければならないのだ。

現段階で都市国家は2つ味方につけている。こことは引き続き仲良くしていくが

世界中の都市国家を味方にするのは最低条件である。

 

本来のゲームではそうしても票数が届かず

「届かないなら他に投票権を持ってるやつを殺せばいい」

という解決方法に陥りがちだが

今回のマルチプレイ、いつもと違うことがひとつある。

 

 

シャムの存在だ。

 

シャムは以前

「エチオピアがNo1になってくれたほうがいい」と言っていた。

頼めば投票してくれるだろう。

ポーランドもシャムがそこまで肩入れするとは思うまい。

「自分の勝利を捨てて他のプレイヤーを勝たせるなんて・・・」

と考える人もいるかもしれないが、それは長期マルチをやったことの無い人の意見だ。

このゲームの長期マルチは人の感情というものが大きく作用するので、時として非合理的な判断をすることもあるのだ。

 

 

 

 

まず、こちらは今のうちから可能な限り出費を抑え、蓄えを増やしておく。

世界の金の動きを見ながら最初の投票で得票数2位以内を目指す。

 

ゲームの仕様として

投票でどの文明も規定の票数に達しない場合は上位2文明に票数が追加されるのだ。

ここでも出来る限り気取られたくないので出来れば2位で追加票を得るのが望ましい。

シャムの票を上手く調整しつつ、都市国家を1つか2つ買収すれば可能だろう。

そこで2票を得てから次の投票までに一気に行動。

 

貯めた金を全て使って一気に都市国家を買収する。

それでも足りなさそうだったらやむを得ない。

都市国家を占領している他文明に宣戦布告。

そして占領されている都市国家を1~2つ占領して解放する。

(他の文明の支配から解放した都市国家は味方になる)

 

 

 

 

気づかれて結託されて都市国家を買収されたら終わりだが

ポーランドと全力での戦争中にそこまで頭は回らないし、なにより金に余裕も無いはずだ。

 

 

ケルトも勝つためにはポーランド包囲網に乗らざるを得ない。

 

・・・ここからは時間との戦いだな。

 

前回:CivilizationV 長期マルチレポその8~目には目を~

まとめ:Civマルチレポ

次回:CivilizationV 長期マルチレポその10~停戦交渉~

 

CivilizationV 長期マルチレポその9~勝利へのシナリオ~” に3件のコメントがあります

    • 勝ち筋を具体的にイメージできるかどうかはこういうゲームではかなり重要だと思ってるので
      常に意識してます。ビジネスでも役立つよ!

コメントする