Duelyst界で最近人気なJaxi君

最近は仕事が結構入っているのもあり、ゲームで遊ぶまとまった時間がとれない。

そんな中で遊んでいるゲームがこのブログでも度々出てきている「Duelyst」だ。

一試合5~15分くらいで終わる手軽さゆえに仕事の合間のリフレッシュに遊んだりしてる。

 

 

 

そんなDuelystだが、2月パッチではSonghaiのカード2種が弱体化された他

新しいNeutralカードが4種追加された。

今回は手札を引き直す「replace」時に効果を発揮するという今までにない変わったカードが4種追加された。

対戦していると早速使っている人も見るが、個人的にはしっくり来なかったのでデッキに組み込むのは様子見。

 

 

カード以外では直近10試合の戦績とリプレイが見れるようになったのは大きい。

あとは観戦モードとか出来ればユーザー間でのやりとりが活発になってもっと流行ると思うから

開発陣には頑張って欲しいところである。

ロードマップでは一応上の方に書いてあるし期待しておこう。

おれ、観戦モードが来たらニコ生で大会するんだ・・・(飽きてなければ)

 

 

さて、今日の本題だが

最近Duelystで対戦しているとやたらと目にする新顔がいる。

 

 

 

jaxi_R

 

 

・・・

 

jaxi2_R

・・・・・・

可愛らしい体型で極太フラフープを背にDJ OZMAを彷彿とさせるポーズとる彼・・・

 

 

 

そう

12月パッチで追加された新カード

JAXIである。

 

JAXI

 

2マナの2/2ミニオンで、死ぬとフィールド四隅のどこかにランダムで1/1のrangeミニオンが召喚されるというものだ。

攻撃力ライフともに平均以下だが、殺されたら新しいミニオンが出てくるというのは強い。

それもrange持ちだから使い勝手がいい。

強いて難点をあげるとすれば、召喚される場所がランダムという所だろうがそうじゃなかったら強すぎる。

 

 

とはいえ現状でも処理のしづらい隅に召喚されるわけだし

いずれ弱体化されるとは思うのだが、現状こいつはどの陣営でも活躍できる。

これだけ使い勝手がいいのにコモンカードなので、持っていなくてもすぐ作れる。

そのため、かなりの人がデッキに入れているのではないか?と思い

今日10戦してJAXIが出てくるかどうかをメモしていた結果・・・

 

実に8人がデッキに入れているという驚くべき数字が出た。

かく言う俺も入れている。

 

この確率からしてお互いに初手にJAXIを出して牽制しあうような場面も出てくる。

(下手に倒して処理しづらい隅にrangeが召喚されると厄介なので放置されたりする)

 

 

そして1枚だけでなく複数枚入れている人も多いだろう。

かく言う俺も3枚入れている。

 

 

この確率からして・・・

 

 

jaxis

このような

「JAXIが序盤5連続で召喚される」

ということも発生してしまうのだ。

ちなみに右下のが成り代わりrangeである。

 

流石にここまで被ることは珍しく、ここまでくるとお互いに笑いエモートを連発することになる。

 

 

まあここまで書いてJAXIがいかに優れたミニオンかはわかってくれただろう。

初手で2マナミニオンを出せるか否かで序盤の戦いやすさがかなり違うので

2マナミニオンを厚めに組む人も多いだろう。

 

その中で2マナミニオンがしっくりこないなぁという人がいれば

JAXIをためしてみることをおすすめする。

 

 

 

今回は新カードということでJAXIの紹介のみだったが

JAXIにかぎらず、「一度で二度美味しい!」的なミニオンは強力なものが多い。

ここらへん今度まとめて書いてみようかな。

コメントする