フィギュアヘッズの機体紹介~中量&重量級編~

さて、ここ2~3ヶ月ブログの更新頻度が落ちてきているがゲームはそれなりにプレイしている。

それと放送見てる人はご存知だろうが最近はマイクラ熱が再燃して

マイクラ放送の頻度が極端に上がった気がする。

 

それゆえ更新頻度が落ちたことは別に悪いことではないのである。

本来のスタイルに戻っただけなのだ。そう、悪くはない・・・

 

 

そんなわけで放置してたブログだが

 

今回は前回記事「Figureheads(フィギュアヘッズ)の機体紹介~軽量級編~」の続き。

 

余談だがFigureheadsは3月末に新マップが実装されて、4月後半にはもう1マップ、更に新企業が実装される。

ぶっちゃけ3月に実装された新マップは控えめに言って糞マップと言えるが、この頻度で新要素を追加していくのはいいね。

スクエニのオンラインゲームは何かと運営に文句がつきがちだが頑張ってほしいところだ。

 

 

 

 

さて、前回は軽量級を紹介したのでまずは中量級から

 

 

アサルト

装備できる武器のタイプが最も多く、

メイン武器はアサルトライフルやロケットランチャーにする人が殆どで

サブ武器にショットガンやサブマシンガンなどを装備する。

 

特殊装備にグレネードも装備できるので重量級相手にも戦える。

 

軽量級に比べ、耐久力もあるし前線維持をしやすい。

攻めにおいても守りにおいてもチームの地力が出るのはアサルトがどれだけ戦えているかであると言ってもいい。

とはいえ軽量級より多少硬い程度なのでキル欲しさに突っ込んでいくのは考えもの。

仮に敵を倒せたとしても自分が死んでは意味が無い。1:1トレードは足を引っ張っているとも言えないが活躍しているとは決して言えない。

 

基本プレイヤー機としての運用が多いかな。

中量級では後述のサポートを僚機に入れる場合が多く、アサルトを入れている人はあまり見かけない。

 

 

サポート

その名の通り、支援機体。

特殊装備に耐久度回復キットか弾薬補充キットを持つことができる。

支援期待なので戦闘では全く活躍できないかというとそんなこともない。

なにせアサルトと同じアサルトライフルを持ってアサルトと同じ装甲を積めるのだ。

近距離だとグレネードを使えるアサルトに戦闘能力では劣ってしまうが、遮蔽を取れば十分戦いようがある。

 

 

プレイヤー機としてサポートを使っている人は本当に数えるぐらいしか見たことない気がする。

殆どの場合において僚機として使うことになる。

 

ここで注意したいのが味方プレイヤーの僚機バランス。

サポートは僚機に入れておくと継戦能力が格段に向上する。

特に耐久回復サポートと弾薬補充サポートを2機入れる編成はプレイヤーはかなりしぶとく戦場で戦いぬくことができる。

 

しかしながらチーム5人全員がその編成にすると

戦闘は「しぶといアサルト5機+劣化アサルトAI10機」

になる。アサルトライフルを持っているとはいえ僚機がサポートのみでは火力的に心許ないし、10機サポートがいてもキットを置く位置が被ったりすることも多くなるし無駄なだけだ。

味方にサポートが多いのであれば重量級やレーダーの設置できるエンジニアなどが入ってる編成にチェンジしよう。

 

 

ヘヴィアサルト

ガトリング、ホーミングミサイルをメイン武器に装備できて正面での撃ち合いに滅法強い機体。

しかし、後述のストライカーとも共通してるが高耐久力だが低機動で旋回速度も遅いので軽量級に近寄られると為す術もなく後ろに回られコアをもぎ取られたりする。

おまけに耐熱性が低いので爆発系の武器を使われるとすぐ死ぬ。

 

これもプレイヤー機よりかは僚機に入れてる人のほうが多いイメージ。

重装甲だからといって適当に前に出すのではなく、うまく中距離ぐらいで防衛的に使うのがいい気がする。

良いところに配置できると面白いぐらいキルを稼いでくれる。

 

 

ストライカー

多連装のキャノン砲を装備できる支援射撃機体。

射撃体勢になるとマップが開かれ範囲内の地点を選択することによりそこに砲撃を開始する。

砲撃は直撃するとかなり痛いので皆砲撃警告が出ると必死に逃げていく。

なのでストライカーは相手がどこに逃げるかも予測して偏差射撃っぽく撃つと結構いいダメージソースになれる。

新マップなどの経路が限定されるようなマップではかなり重要な役目である。

 

弱点はヘヴィアサルトと同じで軽量級に近寄られたら下手に逃げようとせずに格闘戦で応戦した方がいいことが多い。

 

 

さて、だいたいこんな感じだろうか。

色々と癖があり、役割が明確な6タイプを紹介したが

自分のプレイスタイルに合わせて編成を組むのは基本としても

味方の編成を準備画面で確認して、全体のバランスをうまくとれるようにいくつかパターンを作っておくといいかもしれない。

 

 

フィギュアヘッズの機体紹介~中量&重量級編~” に2件のコメントがあります

  1. バトルフィールドの新作が第一次大戦で確定みたいですね!自分はトレーラー見て興奮しました!

    • ですね。ゲームバランスが気になるところではあるけど
      題材としては文句無しに大好物なので楽しみ!

コメントする